恋愛を長続きさせる、5つの条件とは!?

メンタリストDaigo 心理学 恋愛 結婚

街で見かける、幸せそうなカップルや夫婦。
一見幸せそうに見えても、意外と上手くいっていない事も多いみたい。。。

そこで、良い恋愛関係を長続きさせる、「5つの条件」を、まとめてみました。

友達や家族にも応用出来るので、是非お試し下さい!!

恋愛を長続きさせる、5つの条件とは!?

  1. お互いの感情を、「相手を傷付けることなく」伝え合えるか。
  2. いつもご機嫌かどうか。
  3. お互いが「関係が長く続くだろう」と考えていて、それを伝え合えていえるか。
  4. お互いの責任を、出来るだけ公平に分担できているか。
  5. 自分の友達や家族を、パートナーに紹介できているか。

詳しく解説していきます

1、お互いの感情を、「相手を傷付けることなく」伝え合えるか

正直に、自分の感情を相手に伝えられるか?
また、相手が、素直に気持ちを伝えられるような雰囲気を、
自分は作れているか?
ということ。

人間は、相手の気持ちを全て汲み取ることが出来ない。
そのため、正確な情報交換が必要なのである。

お互いに感情を言い合えなくなってきたら、
危険なサインなのでご注意を。

2、いつもご機嫌かどうか

お互いユーモアがあって、楽しく過ごせていればOK!

最近、冷めてきているようなら、
スポーツや旅行、料理などの共同作業がオススメ!!

3、お互いが「関係が長く続くだろう」と考えていて、それを伝え合えていえるか

人間は、「この人となら長く続くだろう」と、考えている相手でないと、
大事に出来ない生き物である。
だからこそ、「良い関係で長くいられるといいね」と、
言葉に出して伝え合うことが、大事なのである。

変なストレスを与えたり
心配させたりするような関係では、
当然長続きしないのでご注意を。

4、お互いの責任を、出来るだけ公平に分担できているか

家事を分担するのであれば、
当然、家賃等の費用も分担するようにする。

お互いが、「得意な事」を提供し合い、
助け合えればベスト!!

5、自分の友達や家族を、パートナーに紹介できているか

友達や家族を紹介し合うことにより、
周りを巻き込むことが出来る。

周りを巻き込んでいるが故に、
トラブルの時も、出来るだけ解決する方向で考えることができ、
破局の可能性を減らすことが出来る。

まとめ

今回の記事は、35個の研究データを集めた、メタ分析である。
※メタ分析とは、多数の研究結果を集めて、その研究結果を分析するというもの。
つまり、研究結果の研究。かなり信憑性が高い研究と言われている。

5つの条件を、共有して実践していけば、
絶大な効果を実感して頂けるかと思います。

全てを実践することが難しい場合は、
1つでも良いので、実践して頂ければと思います!!