心身を崩壊させるブラック企業の特徴TOP7!

仕事 健康

最近、「ブラック企業」という言葉をよく耳にしますが、
どういう会社のことを「ブラック企業」と言うのか?

「ブラック企業」の定義が非常に曖昧なので、
今回は、科学的に、心や身体を崩壊させる、
上位7つの条件を公開いたします!!

【南フロリダ大学の研究によると】

  1. 仕事の制限が多い
  2. 役割の衝突
  3. 上司や同僚と仲が悪い
  4. 作業量が多い
  5. 役割があいまい
  6. 裁量権がない
  7. 長時間労働

【詳しく解説していきます】

7位、長時間労働

シンプルに、拘束時間が長い。

6位、裁量権がない

「裁量権がない」とは、仕事の内容や時間帯を、
全て会社に決められている状態のこと。

人が幸福感を得るためには、
コントロールアビリティ(自分でコントロール出来ている状態)が重要であるため、
何もコントロール出来ないと、ストレスを溜める事に。。。

5位、役割が曖昧

自分が、会社の中で何を支えているのか、わからない状態。
仕事をするにも、具体的に何をして、どんな成果を出せば良いのかわからない。
「役割が曖昧」は、ランキングの中で、最も疲労感を感じる原因だった!!

4位、作業量が多い

1時間当たりの作業量が多い。
これも、疲労感との相関が強かった。

3位、上司や同僚と仲が悪い

上司、同僚にいじめられたり、良い関係ではない。
これは、不眠の原因となっていた!!

2位、役割の衝突

複数の相手から、別の指示が飛んでくる。
つまり、

Aさんからは「資料を作ってくれ」と言われ、
Bさんからは「会議に出てくれ」と言われている状態。

その結果、マルチタスクとなる。

マルチタスクは、効率が悪いことに加え、ストレスも溜まることがわかった。
これは、消化器官の不調を招いていた。

1位、仕事の制限が多い

成果が上がるような方法が、思いついているのに、
会議や別の作業に追われて、それを実行することが出来ない。

その他、やりたい仕事以外の仕事をさせられるなど。
これは、疲労感、消化器官の不調と相関していた。

【まとめ】

1位の「仕事の制限が多い」とは、

  • 「自分が行きたかった部署へ行けなかった」
  • 「〇〇県で働きたかったのに、〇〇県へ飛ばされた」

等の内容が、多いのではないだろうか。

不満を抱えたまま、お金のために仕事をしても、
心身を崩壊させてしまっては意味がない。

この項目に多数当てはまると感じた方は、
「自分が輝ける職場」とはどういう職場なのかを、
考えてみるのも良いかもしれない。

【最後に】

自分で退職願を出すのが気まずい場合は、
「退職代行サービス」という、便利なサービスがある。

「退職代行サービス」とは、1度も会社に行くことなく退職することが出来るサービスである。
興味のある方は、是非調べてみて下さい!