就職、転職に悩んでいるなら、この9つを意識しよう!

メンタリストDaigo 仕事 心理学

就職や転職、そして、独立しようと考えている方!

自分には、どんな仕事がマッチしているのだろうか?
どんな基準で選べばよいのだろうか?
と、お悩みではないですか?

そこで、アイオア大学、オックスフォード大学の研究をもとに、
就職、転職、独立の、最適な選び方をご紹介します!

9つの条件に従って、職業を選べば、仕事に対し、
非常に高い満足感を、得られることがわかった!!

『その仕事が自分に向いているか、事前に判別することは不可能だった!?』はコチラ

仕事選び9つの条件とは!?

  1. 給料を気にしすぎない。
  2. 手軽な仕事を選ばない。
  3. 好きではなく、得意なことを仕事にする。
  4. エンゲージメントが高い職業を選ぶ。
  5. 他人の助けになる仕事に就く。
  6. 得意なことを生かせる仕事を選ぶ。
  7. 同僚の質を重視する。
  8. ネガティブ要素を無視しない。
  9. 完璧な仕事を探せると思わない。

この9つを意識して職業を選べば、楽しく仕事をすることが出来る!

9つの条件を詳しく見てみよう

1、給料を気にしすぎない

「給料の高さ」と、「仕事の満足度」は、
ほとんど関係無い、ということがわかった。

給料が高いからと言って、
「1日8時間、ひたすら針の穴に糸を通す仕事」を、
40年間、楽しく続けられるか?を、考えるとわかるだろう。

2、手軽な仕事を選ばない。

人間は、チャレンジ出来るような仕事でないと満足感を得られないのだ。

「ザコキャラしか出てこないゲーム」は、達成感があるだろうか?

簡単な仕事は、ストレスが無いというメリットがあるが、当然、達成感も得られないのだ。

3、好きではなく、得意なことを仕事にする。

人間は、「好きな事」「興味がある事」は日々変わっていく。
その為、「10年後、それをまだ好きでいられるかどうか」は、わからないのだ。

そこで、得意なことを仕事にすると良い。
なぜなら、得意なことは、おそらく10年後も得意だからだ。

4、エンゲージメントが高い職業を選ぶ。

エンゲージメントとは、「愛着を持っている状態」のこと。
つまり、「のめりこめる時間が長いかどうか」ということ。

エンゲージメントの高さを左右している条件とは?

  • 自治制
    自分が頑張れば、その分の成果が出るか。
  • 明確性
    やるべき仕事、そして、得られる結果がはっきりしているか。
  • 多様性
    一定割合で、新鮮な出来事や、予期しない出来事が混ざっているか。
  • フィードバック
    自分のやったことが、明確な数値で出るかどうか。

5、他人の助けになる仕事に就く。

他人の役に立てているかどうか。

やる気がなくなったときは、自分の仕事が「誰を幸せにしているのか」を、考えよう。

他人への親切を、1日5回行うと、
仕事への満足度が、劇的にアップすることがわかっている。
つまり、仕事の中で「誰かを助けている感覚」が、5回以上あれば、
その仕事に満足出来る可能性が、劇的にアップするということ。

6、得意なことを生かせる仕事を選ぶ。

得意なことを、更に伸ばしていけるような仕事だと完璧!

7、同僚の質を重視する。

仕事の満足度は、「上司同僚に、とても左右される」ということが、わかっている。
つまり、「どの仕事をするか」より、「誰と仕事をするか」の方が、遥かに大事なのだ。

8、ネガティブ要素を無視しない。

仕事を探す際、

「給料が良い」
「待遇が良い」
「勤務時間が短い」

など、ポジティブ要素で探してはいないだろうか?

「この仕事だけはやりたくない」
「この作業だけはやりたくない」

という、ネガティブ要素に目を向けて、それを避けることも大事になってくる。

仕事の満足度を下げるのは、ネガティブ要素である。

満足度を下げる項目は、

  • 仕事の不安定感
    この仕事を続けていても大丈夫か。
    「私はコレの専門家です」と、言える仕事であるか。
  • 賃金の不公平感
    「長期間働いていても、賃金が新卒と変わらない」等が、これにあたる。
    賃金について満足感を得たいなら、フルコミッションが良い。
  • 長時間労働
  • 長時間通勤
    長時間の通勤は、離婚率も上がり、太りやすくなることが分かっている。

9、完璧な仕事を探せると思わない。

完璧な仕事が、簡単に見つかると思わないこと。

人間は、未来を予想することがとても苦手で、
「良いと思っていたのに、実際は良くなかった」
ということは、頻繁に起こるのだ。

そのため、転職を繰り返すことにより、
自分に合った仕事を探す事は、とても良いことなのだ。

ただし、転職する場合は、「今の仕事で得られるべきスキルを手に入れてから」にすること。

転職に失敗することは当然である。
という事を頭に入れて転職することにより、失敗を成功へ繋げることが出来るのだ!

まとめ

いかがでしたか?

人生の大半を占める「仕事」の時間。
どうせなら、有意義な時間を過ごすことは出来ないか、
ということでこの記事をまとめてみました。

就職、転職、独立をお考えの方は、是非参考にしてみて下さい!

『その仕事が自分に向いているか、事前に判別することは不可能だった!?』はコチラ