集中したいとき、閃きたい時は、悲しい映画を観るべし!

人間関係 心理学

「勉強に集中したいのに、気が散ってしょうがない」
「新しいアイデアを生み出したいのに、全く出てこない」

こんな経験は、誰にでもあると思います。

そこで、集中力、発想力をベストな状態へ持っていける方法について、
ご紹介したいと思います!!

悲しい映画を10分観ただけで、集中力、発想力アップ!?

2014年の研究によると、
悲しい映画を10分観ただけで、
集中力発想力がアップすることが判明した!!

ハッピーな映画は効果なし!!

「悲しい映画を観たグループ」と、
「ハッピーな映画を観たグループ」に分けて、
実験を行った結果、

「悲しい映画」を観た後は、

  • メンタルが繊細になる
  • ストレスに弱くなる
  • 外向性が低下する
  • 協調性が低下する

という結果が得られた。

それに対し、「ハッピーな映画」を観たグループは、
外向性がやや高くなっただけで、他の部分に変化は見られなかった。

メンタルが繊細になると、クリエイティビティが上がる!?

悲しみを感じた後は、「メンタルが繊細になる」とあるが、
メンタルが繊細になることで、
なんと「クリエイティビティが上がる」ということが、研究でわかっている!!

そのため、新しいアイデアを出さなければならない時や、
別の発想を思いつきたい時などは、
悲しい映画を観ることで、閃きが生まれるかも!!

また、「外向性の低下」「協調性の低下」は、
一見マイナス要素に思えるが、
「人間関係に疲れた」「一人で集中したい」という時には、
プラス要因となる。

一時的に内向的になることで、
「何かを突き詰めるのにベストな状態」へ、誘導することが出来るのだ!

まとめ

たった10分間で、性格を一時的に変えられるという事がわかった。
当然、長期的に続けていくことで、根本的に性格を変えることも可能である。

集中したい時、アイデアを出したい時は、
悲しい映画を観てから取り組んでみてはいかがだろうか?

是非お試し下さい!