良い夫婦関係が長続きする、6つのルールとは!?

人間関係 恋愛 結婚

結婚したら、死ぬまで良い夫婦関係でいたい!

ということで、
「結婚生活や、恋愛を長続きさせるためのテクニック」
をご紹介致します!

守るべきルールは6つだけ!

  1. 楽しい体験、良い思い出を増やす
  2. ポジティブ5、ネガティブ1の比率を保つ
  3. お互いが期待し合えるような関係を保つ
  4. お互いの人間関係をシェアする
  5. 相手が自分のことを幸せにしてくれると思わない
  6. 二人でエキサイティングなことをする

それでは、詳しく解説していきいたいと思います!

6つのルールを詳しく解説!!

1、楽しい体験、良い思い出を増やす

二人で楽しい体験をすることで、
離婚率をかなり下げることがわかっている。

2、ポジティブ5、ネガティブ1の比率を保つ

ワシントン大学の研究によると、
ネガティブなことを言った後は、
ポジティブなことを5個言わないと、
別れる可能性が高くなることがわかった。

1対1を割り込むと、ほぼ離婚していることがわかった。

3、お互いが期待し合えるような関係を保つ

結婚は妥協が大事と言われるが、研究によると、
「相手への期待が大きいカップル」ほど、
長続きすることがわかっている。

お互いが、「理想的な関係になろう」と、
思いあえる相手と付き合った場合は、
良い関係が長続きする。

4、お互いの人間関係をシェアする

お互いの友人や家族をシェアすることで、
離婚率をかなり低下させることがわかっている。

飲み会や、異性の友達を制御するのは、
関係を悪化させることがわかっている。

5、相手が自分のことを幸せにしてくれると思わない

「相手が、自分を幸せにしてくれる」と思った時点で、
結婚関係、恋愛関係は終わる。

自分が、相手をどれだけ幸せにしてあげられるか、
相手のために何が出来るかと、お互い考えている状態がベスト。

6、二人でエキサイティングなことをする

行ったことがない場所へ行ったり、やったことのないことを一緒にやる。

楽しいことももちろん良いが、
エキサイティングなことをするのがベスト!

例えば、ジェットコースターバンジージャンプライブを観に行ったりするのが良い。

まとめ

相手の嫌なところを、指摘してやめさせたり、
性格を変えさせようとするのは、結果的に上手くいかない場合が多い。

ネガティブを減らす事より、ポジティブを増やすことに集中しよう!

ちなみに、「ケンカするほど仲がいい」というのは、
科学的根拠はないらしい。。。

是非、実践してみて下さい!!