史上最強の投資家【バフェットの教訓】からお気に入りフレーズ5選!!

お金 ビジネス 仕事 勉強 自己啓発 読書

今回は、世界一の投資家「ウォーレン・バフェット氏」の義理の娘「メアリー・バフェット氏」が書いた本「バフェットの教訓(徳間書店)」から、お気に入りの項目をご紹介します!

この本は、投資の方法が書いてあるのではなく、投資家としての基本理念みたいなものが書いてあります。

「これから投資家になりたい」という方や「ビジネスで成功したい」という方にぜひ読んで頂きたい1冊となっております。

投資家としてのベースを作るにはとても良い本なので、ぜひ読んでみてくださいね!

「バフェットの教訓」が気になった方はこちらからどうぞ!


1、法外な買値や売値を提示することを決して恐れてはいけない

人は、高すぎる売値や低すぎる買値を提示したら「相手に嫌われるのではないか?」と心配してしまう傾向があります。

しかし、ビジネスの世界ではそれが数字となり結果となります。

価格交渉をしていく中で、初めに提示した低い売値を上げることは不可能です。
逆に、初めに提示した高い買値を下げていくことも不可能です。

まずは強気な価格を提示し、あとから譲歩していくのが得策といえるでしょう。

2、悪い人と良い取引はできない

悪人はしょせん悪人であり、悪人と良い取引が出来るはずがありません。

取引の内容も重要ですが「取引をする相手」はもっと大事です。

3、大金持ちは、ポートフォリオ投資で財を成したわけではない

ポートフォリオ投資とは、「分散投資」のことです。

分散投資とは、「異なった投資先に分散して投資をすることで、リスクを分散する」という投資方法のことです。
しかし、この投資方法ではドカンと儲けることは出来ません。

理由はカンタン!
ひとつひとつに投資できる金額が少なくなってしまうからです。

競馬なら、全ての馬に賭けているようなものです。
当たる確率も高いですが、掛け金が少ないと配当も少なくなります。

「馬券は最初に穴を狙い、最終は堅めにいけ!(科学的根拠あり)」はコチラ

一財を築きたいなら、良いビジネスに集中型で投資する必要があります。

まとまった投資金が手に入ってからポートフォリオ投資に切り替えるようにしましょう!

4、トラブルから抜け出すよりも、トラブルを避ける方が簡単だ

いったんトラブルに巻き込まれるとなにかと面倒くさいですよね。

それに比べ、
・「トラブルになりそうな場所へは行かない」
・「トラブルになりそうな人と関わらない」
これらはとてもシンプルで簡単です。

5、他人の経験から学べるなら、それに越したことはない

人は経験から学ぼうとしますが、他人の経験から学べるならとてもラッキーです。

わざわざ自分で痛い思いをしなくても、経験者に「そこ危ないから気を付けてね」と教えてもらった方が楽なのです。

まとめ

いかがでしたか?

今回はお気に入りの5項目をご紹介しましたが、この本にはなんと125種類もの知恵が紹介されています。

投資だけでなく、ビジネスや人間関係にも使える知恵が沢山詰まっていますので、気になった方は是非読んでみて下さいね!